瓦礫受け入れに問題に関するNEWS

立山町の瓦礫に関するニュース

高岡市の瓦礫に関するニュース


 

 

 

 

 

 

 

県外の瓦礫に関するニュース

がれき広域処理の再考を――長野、鳥取など知事6人がスクラム

長野県の阿部守一知事

東日本大震災のがれき広域処理の再考を――。県知事6人が11日、環境省と民主党に対して、国からの災害廃棄物の広域処理受け入れの協力要請について共同で申し入れをする。

きょう長野県の阿部守一知事と鳥取県の平井伸治知事が代表して、民主党の樽床伸二幹事長代行と高山智司環境大臣政務官に要請文を手渡す。

がれき処理を巡っては政府・環境省が地方自治体に対して受け入れを求めたが、6県は特に放射線の規制値の在り方や周辺環境への影響が不明確だとして、逆に政府を問いただす。広域の知事がスクラムを組み、政府や政権党を問いただす動きはきわめて異例だ。

今回の共同要請は長野県の阿部知事、鳥取県の平井知事のほか、三重県の鈴木英敬知事、徳島県の飯泉嘉門知事、高知県の尾崎正直知事の5人が共同で起案したが、これに新たに広島県の湯崎英彦知事が加わった。

要請では、汚染濃度が低い災害廃棄物の処理について①関西広域連合では独自に埋め立ての目安値を2000ベクレル/キログラムとしているが、国の広 域処理のガイドラインで8000ベクレル/キロとしていることについて、国民の理解を得られるようにする②最終処分場から出る放流水、焼却施設からの排ガ スなども含めた安全性についても、十分な情報公開と説明責任を果たすこと――などを求めている。

 

続きはこちら

徳島県の震災がれき受け入れに関する意見が話題に

Live door ニュースから

徳島県の公式Webサイト内の投稿コーナー「目安箱」におけるネットユーザーと県のやりとりがネット掲示板で話題になっている。

同コーナーでは、60歳のネットユーザーによる「震災がれきを受け入れるべき」との投稿を紹介、その上で徳島県側の見解を述べている。

ユー ザーによる「東北がんばれとは、言葉だけだったのか?放射能が怖いという無知からくる身勝手な言い分で反対している人々よ恥を知れ!自分だけよければいい のか?東京を見習え」など、震災がれきの受け入れをしていない徳島県への批判に対して、県側は、低レベル放射性廃棄物の処理についての国際的基準などを紹 介し、説明も根拠の明示もないままに設定されている国の処理基準の危うさを指摘する回答を行った。

ネット掲示板に同コーナーのやりとりが 紹介されると、「素晴らしい」「まっとうな回答だ」など、県の回答を支持する声が多く寄せられた。東日本大震災から1年が経ち、震災がれきの受け入れに関 する報道も増え、世論も受け入れへと傾いている中、批判を恐れず国際的な基準を堅持する姿勢を見せた徳島県へ、ネットユーザーから賛美する声があがった格 好だ。

一方、60歳のネットユーザーに対して、「賛成している年寄りは、自分だけ良ければ後の世代はどうでもいいのだ」といった批判が相 次ぎ、がれき受け入れに反対意見を唱えると非難される最近の風潮にも「かわいそうだからみんなで協力しようというのと、 かわいそうだからみんなで被爆しようというのは違う」など、違和感を表明する意見が多く書き込まれた。

 

 

【IWJ中継市民チャンネル 富山】
【IWJ中継市民チャンネル 富山】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脱原発ポスター展
脱原発ポスター展

 

 

あなたのお金が、温暖化を防ぐ。 おひさまエネルギーファンド株式会社

 

 

 

 

 

 

 

ENERGY GREEN 自然エネルギー.コム